日本脳活学協会とは

目的地を定め
現在地を把握し
そこへ向かうまでの
手段が得られる場

日本脳活学協会は、世の中の人々が脳を活用するサポートを行うために2015年8月に発足した団体です。
近年、脳外科の現場では人には脳の使い方のクセがあることが分かってきました。
私たちは、この発見をもとに人々が脳をより良く使って幸せに生きるためのお手伝いができないかと考えました。

篠浦伸禎

自分の脳の使い方のクセ=得意な脳の使い方

例えば、「自分の脳の使い方のクセ=得意な脳の使い方」を自覚することができれば、その強みを仕事に活かせるようになります。また、相手の脳の使い方を知ることができれば、自他の違いを理解して、感情に流されることなく人間関係を改善することが可能になります。

脳活学により、「目的地を定め、現在地を把握し(脳優位タイプ論)」、「そこへ向かうまでの手段(脳活ストレス耐性向上論)」が得られることで、人々が幸せに活きられる社会を目指します。

日本脳活学協会

協会概要

団体名日本脳活学協会
名誉会長篠浦 伸禎(都立駒込病院 脳神経外科部長)
所在地東京都千代田区神田神保町1-2-10 第三日東ビル4F
連絡先info@noukatsu.org